車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

朝の夏草味噌汁の作り方

IMG_4148.jpg

朝起きたら、ぐんぐんミルク缶に雨水が溜まっていた。
昨晩はかなり強く降ったみたい。他の鍋にもいい感じに溜まっている。

標高800m越え。工場、排ガスなし。空気は澄み切って濁りなし。

というわけで、この雨水で味噌汁を作って飲もう。


IMG_4146.jpg

味噌汁の具はいつも通りヒルガオさん。
クウシンサイと同じような汁液が出て、同じような味がする。
ただし若干野性味あふれる。

そこらへんにごっそり生えている。それを食べる分だけいただく。


IMG_4147.jpg

道の駅にて格安で売られていたオクラさんといっしょに、濾した雨水の中へ投入。
やはり味噌汁にはオクラだと思うんですよ。

拠点となりそうなポイントに、勝手にオクラのタネでも撒いておこうか真剣に悩み中。
結局は迷惑になりそうなのでやめたんだけれども。


一煮立ちさせ、だしのもとを入れ、親指ほどの味噌を溶かしこんだあと、増えるわかめ。
お決まりのセオリーに従ってちゃちゃっと作り上げる。


IMG_4151.jpg

みーそーしーるー。

おーいーしーいー。


屋外で火を使って料理を作り、それを頬張る。
とてつもない自由の風を感じる。
これこの瞬間が、自分は好きでたまらない。
願えるなら一生こうやってフラフラしていたい。
……悪いというなら、味噌汁が美味しすぎるのが悪い。



ただ、筋張ったヒルガオのツルだけはどうしても噛みきれず飲み込めず、
浮浪することに対する一抹の不安と一緒くたにしてゴミ袋に捨てた。


ごちそうさまでした。
これからどうなるんだろうなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。