車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

くりごはん


IMG_4136.jpg

スーパーまでの道に、栗の木が生えていた。

「まさかもう実が入っているなんてことはないよな常識的に考えて」
とか思いつつふと見ると、


IMG_4135.jpg

超ご立派な実が一個だけ、一個だけ残っていた。
やった! 今日はくりごはんだ!!


……どぶに落ちていたやつだし、貰ってもいいよね?
だめだったらブログ炎上だな。


IMG_4137.jpg

道すがら剥いてみる。
渋皮がひっじょーに剥きにくい。
スーパーで売ってる「甘栗むいちゃいました」なんかは中国人やベトナム人が代わりに剥いてくれているらしいが、自分で剥いてみるとこれがまた重労働だということがわかる。
それとも、熱を加えると剥けやすくなるのだろうか。


IMG_41491.jpg

くり in the 玄米大豆ご飯。

最前より栄養不足を感じていたので、人類史最強の栄養食を作ってみた。

圧力なべで炊いたのだが、米の炊き上がりと大豆の炊き上がり時間が大きくズレるため、うまいこと炊き上がらなかったの図。
玄米はかゆ状態なのに、大豆はコリコリ感満載。
一旦大豆だけを三分くらい煮なくちゃいけないっぽい。
圧力なべは難しいね。

IMG_41501.jpg

しかし、栗だけはその両者の中間的存在だったのか、ほっくほくに炊き上がる。
箸がぷすーと刺さり、食べるとほくほく甘い。
一個だけなのが口惜しいくらいだ。

ほくほく。
ほくほく。
こりこり、
ごくん。

うまい!

ざく。


ざく?

……足の裏がすごく痛かったのでクロックスを脱ぐと、血みどろになっていた。

どうやらイガグリを足でふみふみ分解している時に、トゲが刺さっていたらしい。
歩いたり立ったりしているうちにそのトゲがクロックスの底を突き破ったのだろう。ひゃっほう!いてえ!

栗の呪い。

これがもし栗の呪いだとしてもだ。私は栗を集め続けるだろう。そして喰らい続けるだろう。
呪いたければ美味しく生まれてしまった自分自身を呪うことだな!


そんなきもちでごちそうさま。
おいしかったです。



ブログランキング・にほんブログ村へ