車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

魚の罠を仕掛けた結果


IMG_3882.jpg

さて先日仕掛けた罠ですが、あれからどうなったかというと。






IMG_3893.jpg

捕れた!! 捕れたよおかっつぁん!!!


いやーまじでとれるもんだね。ガッケン舐めてたわ。
ドジョウとハゼと、あと小さいやつ。多分イワナとかその辺の子供。

小さいからといってリリースはしない。
美味しくいただく。私はそういう男だ。


というか、環境保護のために小さい魚だけリリースするって間違っているよね。
釣りが環境に与える影響の大きさを考えるのであれば、「大きな魚を戻して小さな魚を持ち帰る」方が絶対にいいはず。

なぜなら、大きな魚はちょっとやそっとでは死なないし他の生物に食べられないから、そいつを釣って喰ったとしたら、そいつが将来生むであろう子供何百匹何千匹を同時に喰っていることになる。影響は大きい。それがメスならなおさら。

逆に、小さな魚は他の魚にすぐ捕食される。そんな小さいやつをリリースしても、将来生き残れる可能性なんてほとんどない。肉片撒くのと一緒だ。影響は小さい。



自己弁護完了。
いただきます。



IMG_3894.jpg

お味噌汁にだばぁ。
お魚さんがぷかぁ。

即座に真っ白になって浮かぶドジョウとハゼ。ごめんなさい。いただきます。



IMG_3895.jpg


食卓用段ボールがちょっと汚くなってきた。
使えなくなったら燃やしてその火で米を炊こう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。