車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アルプ飛騨古川到着、空芯菜の水耕栽培について

IMG_3945.jpg

到着ー。
寒かったので300mくだってきました。
それでも標高500mオーバーは伊達じゃない! 夏ということを忘れてしまう涼しさ!

……というのは言い過ぎか。
でも夜はほんとうに冷え込むよ。

先の標高800m越え地点では、寝袋だけじゃ寒いほどだった。
ここならタオルケットを腹に巻く感じ。


IMG_3852.jpg

道の駅、アルプ飛騨古川の裏手にある雪捨て場です。

釣り人の方がひっきりなしに来られます。


IMG_3849.jpg

そしてこれ。私の旅の友、クウシンサイ。
エンツァイとも言う中国原産の野菜。

これがまた優れもの。
何がすごいって、まずその栄養価。ホウレンソウを凌ぐ。
次に繁殖力。超適当栽培で山のように増える。
それから薬効。蚊に刺されたところに葉の汁をなすりつけると、3分たたずに痒みが消える。
最後に味。煮てよし、生で良し、マルカジリ。

特にノマド生活最初は何も知らないから。
そこらへんの雑草が喰えるものなのかどうか。どうやったら食べられるか。
地球人の9割が「常識だろそんなもん」って切って捨てるレベルの知識が入ってない。

なので、それがわかってくるまでの初心者用グッズとして不動の位置ってとこなのだろうか?

まあそんな固いことはいいや。こいつはスグレモノだってことだ。


IMG_3851.jpg

移動のために水を抜いていたから、がっつり川の水を汲んでやる。
晴天に恵まれたからか、見る間に生き生きしてくる。
ずっと助手席に座ってたんだもんな、この子も。そりゃあ疲れるよ。
ゆっくりごはん食べてって。
太陽パクパクできるのは鳩山元首相の嫁さんと君らだけだから。


なお、この20cm水槽だと16リットルの水が丁度良い。
汲んだら16gのハイポネックス微粉を入れるといい。1000倍。盛夏期はこれに2リットルの追い水を足す。
ちなみに農学の知識を生かして最強の液体肥料を自作していたりする。これがあればアブラムシも寄らないし、ミネラル豊富な野菜になる。ノマド生活におけるビタミン、ミネラル事情は特に注意を払わなければいけない点だから。

移動するときは根っこが浸るレベルまで水を落とす。長い旅路になる時は、適宜トイレの水を汲んでやるといい。その際栄養素はいらないかな。気になるようだったら2000倍に薄めて。


IMG_3850.jpg

ロケットストーブ。
震災の時も活躍したからって安易に持ってきたけども……。
でかいし重いんだよね、これ。
漂流生活に向くのか?



( ´ー`)y-~~
これから本格的な放浪生活。誰もがうらやむような最高のものにしていこう。
まずは周辺の資源チェックから。
さて。

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。