車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

本の出版が大詰めに入ってまいりました。


IMG_4364.jpg


本の出版日が迫ってきていて(まだ何日かは知らされてないけれども)すごくあわただしい毎日です。
軽トラ上で出版をしようとするならば、押さえておきたい条件がいくつかあることに気付きました。


◆出版前の場所条件

①電波がいい
最低条件です。スカイプで密にやり取りを行っているのですが、これが途切れたりすると相手にも迷惑かかるのでwifi用パラボラアンテナを自作するといいでしょう。
100均の品でwifi用パラボラアンテナを作る

②トイレが近い
話してる時に用を足したくなったとして、トイレが近くにないと相手を待たせます。
せっかく厠でいいアイデアが浮かんでも歩いている間に雲散霧消したらもったいない。

③スーパーが近い
これ意外と盲点なんですよね。いちばん近場で2キロとか微妙な距離にあるともう・・・・・・
体力つきますけどね。


場所以外の条件として

・スパゲティが大量に買ってある
・体調が万全
・あたたかい
・日照ばっちりで電力豊富

が挙げられます。


まあ結論としては、「場所選びって本当に重要」

ぶっちゃけ家でやれって裏結論もありますけれどもねwww
でも軽トラで仕事も可能っちゃ可能ということが証明されたわけだし。
ノマドとかいう仕事形態も一次期流行ったけれども、その人たちにとっては朗報なのでは?


ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。