車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

台風を凌ぐ。



あ、動画上げました。
今回も美味しそうに食べることが出来ました。


IMG_4280.jpg

避難完了。

この位置ならば台風が吹き荒れたとしても、三方を森で囲まれているので風で転倒することはないだろう。
もし風で転倒したとしても、左右に車が止まっていないので保険適用外の事故により破産なんて羽目にもならないだろう。
よし、ここに決めた。


佐鳴湖。
昔は水質が大分汚かったとの話だけれども、今はそうでもなさそう。
洗剤のリン含有率とか浄水場とか色々頑張ったのだろう。
風の強くなっていくさなかでも、子供が釣りを頑張っていた。粘っていた。さすが風の子。
でも危ないから帰ったほうがいいよ。

雨漏りとか色々気になるけれども、まああとは神のみぞ知るというやつだ。

関係ないけど神のみぞ知るという慣用句は、「神の溝知る」だと思っていた。
あるいは「神の味噌汁」の書き間違いかと。
前者はミゾってところがちょっとHだし、後者は神も温かい家庭を築こうと頑張っている感溢れていて好きだったんだ。

よし。台風が過ぎ去るまでのあいだ、家庭的でちょっとHな妄想でもして過ごそう。
明日は晴れだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。