車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

浮浪者のお金の稼ぎ方その① FX編 トラリピ

久しぶりにお金儲けの話。


東京都は下高井戸の駐車場に停めて、4ヶ月くらいバイトをしてみた。

そこはやっぱり東京。時給も高くて教育もしっかりしてて、いい感じに儲かる。
2chではブラックブラック言われているとこだけど、水が合ったのかとても楽しい。
立っているだけなのにけっこう面白いほど儲かる。

けどある日、いつものようにバイト先に行って警備をしていたら、


左のはす向かいの歩道に車が突っ込んだ


キキーッという音と女性の金切声。
ちょうど上級救命の資格を取ったばかりだった自分は現場に駆けつけた。
目の前にマネキンのような人とおびただしい血。


立ち竦んだ自分の肩を、ベテランの先輩がぐいと引っ張る。

「仕事はどうした」
「え、あ、あの」
「お前の仕事はそこのミスドのドアに立つことだ」
「で、でも人が、倒れて、ほら、上級救命の資格が」
「お前の仕事は何だ。言ってみろ」
「……み、ミスドのドア前に立つことです」
「そうだ。あそこはミスドの前か?」
「違い、ます」
「なら現場を離れるな。警察に任せろ」


先輩の言うことは正しかった。正しすぎて自分には重すぎた。あと怖すぎた。
次の週にはバイトを辞めることを伝えた。




さてさてそんな経緯がありまして。


一歩間違えたら自分が死んでいたであろう警備員バイトをして、貯めた30万円分の貯蓄(ケイトライフ10~15ヶ月分)。

これを銀行に入れたまま腐らせておくのももったいないなあと思いつつ、何か効率のいい投資方法がないかとだらだら検索していた。
30万円を運用して月に2万円を稼ぎだす方法。年率80%。そんなものがあれば死ぬ思いをしなくてもケイトライフが永続できる。そしたら浮かぶ瀬もあるだろう。そんな考え。


NISAとか少額積立投資信託とか色々検索に引っかかったけれども、

最終的にはFXのトラリピに辿り着く。

リンクに説明が乗っているから全部省くけれども、要は

①余計な中間搾取が最低限度で不明点なし
②自分でリスクを設定できる
③現金化が容易

という3点でFXのトラリピは優位に立つことが判明したので、ブログのネタがてらやってみることにした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。