車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

エスカル号の作り方その2 内装など

IMG_3756.jpg

天井を取り付けます。
壁材と同じくプラ段で覆うようにして波板用釘で固定します。
反省点としては、このとき左右どちらかへの傾斜をつければ水も溜まらず良かったと思います。
現状でも水漏れは無いのでいいといえばいいのですが。


IMG_3757.jpg

余った分はカッターでさくっと切ってしまいましょう。
足場が不安定なので気を付けてください。丁寧に丁寧に。
切れ目を入れて折り曲げ、雨対策としてもいいかもしれません。


IMG_3760.jpg

二段目の床を作ります。
このとき、床材となるベニヤを厚くするか、支える角材を多めにしましょう。
でないとたわんで危ないです。
今回は角材も余っていたので、軽量化もかねて下支えする角材をプラスしました。
ついでにクッションフローリングも敷いてしまいましょう。


IMG_3761.jpg

出っ張りの部分。
これだけだと危ないので、筋交いを入れます。
四角形よりも三角形のほうが強度を増します。
今回は2×4ではないため、面で支える力が期待できません。所詮プラ段なので。
2×4でがっつり頑丈簡単に作ってもいいのですが、クソ重たくなりました。重い一号機は泣く泣く畑に置いてきました。写真のこれは二号機です。
ということで、できるだけ四角形をなくすように構造を組みましょう。


IMG_3764.jpg

筋交いを入れました。
下まで突き出す事によって若干の耐久性プラスを目論みます。


IMG_3765.jpg

ここまででこれだけのプラゴミが出ます。特に今回は断熱材を一枚岩にすることを念頭に置いて買ったので、大分無駄になってます。


IMG_3767.jpg

ドアの取り付けです。
始終揺られるので、耐久性向上のためにでかい蝶番を横に四つ付けました。
ひさしも無いため雨の浸潤がどこからどうやってくるか想像つかなかったので、横びらきではなく上びらきにしました。


IMG_3768.jpg

きちんと全てプラ段で覆いまして。


IMG_3772.jpg

発泡の貼っていないところに取りかかります。
三角形を抜くのがとても大変でした。


IMG_3773.jpg

ドアにも貼り付けます。
このとき、上びらきのドアは捩じりがかなり発生するので、一枚岩の断熱材だとすぐに剥げます。
なので、30cmくらいの板に小分けしてタイルのように張るのがベストでしょう。
この時はこんな感じで貼りつけて、20回も開閉したら剥げました。
今はタイル状なので捩じりに対応してしっかりと断熱されています。


IMG_3774.jpg

最後の仕上げ。朝もやのなかでタイベック貼り。
ハウスラップという建材のプラスチック含浸紙で、防水透湿効果があるとうたわれていました。
実際は防水効果はそこそこしかありませんでしたが。
壁はまあ内側にプラ段があるから問題ないのですが、
天井をこれ一本でやろうとすると一ヶ月で雨漏りするようになります。
銀色で防水効果の高い耐候性シートが農業用に売られていますので、今はそれを天井に張っています。


IMG_3775-a.jpg

天井にも貼ります。足場がないと危険です。
スプレーのりではりつけましたが、弱い弱い。
きちんと張れはしましたし何の問題も起きてはいませんが、普通のボンドをコーキング押し出しガンでぐにゅっとつけた方が頑丈になれるでしょう。


IMG_3776_20140910184221f58.jpg

この時の足場は川べりのガードレールでした。
危ないことこの上ないので、同じようなトラックを横付けしてもらうとかするといいと思います。


IMG_4190.jpg

ということで完成です!
お付き合いいただきありがとうございました。


工期6日、材料費は贅沢しても十万以内で収まります。
ただ、2m50cmという微妙な高所での作業が続くうえ、寸法をきっちりあわせていかないと車体との兼ね合いが難しいかもしれません。DIYとしての難易度は普通以上かも。




ここまで見てくださった方で、もし「お金はあるけど時間はない」or「そんな手間かけたくない、すぐに軽トラハウスで旅に出たい」という方がおられましたら、下記までご連絡ください。私が現地まで飛んでいってエスカル号Version3を6日で組み立て、60万円でお引き渡しいたします。

※一番初めにご注文されたお客様だけは、特別価格で半額とさせていただきます。お早めにお申し込みください。


【名前(ペンネーム可)】
【住所(工事現場)】
【電話番号(必須)】
【メールアドレス(捨てアカウント可)】
【工事開始の希望日時(必須・5日後から3ヶ月以内)】  月  日  時から六日間

以下任意
【職業】
【年齢】
【使用目的】



下の注意事項をお読みいただき、上記テンプレートに必要事項を記載して、 garassanあっとまーくgmail.com か、 こちらにメールをください。

■注意事項■
・料金一括先払い
・離島、沖縄、北海道、冬の東北不可
・軽トラックが三台以上入る空き地が工事に必要
・軽トラックに寸法を合わせるので軽トラックの現物が必要



もし抜けている点などございましたら、コメント欄でお教えくだされば幸いです。
作ってみた、暮らしてみたなどの感想もありましたらぜひお知らせください。
日本中を回りながらお待ちしております。


ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。