車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

小淵沢の露天風呂でおじさんに話しかけられた。その2

IMG_4206.jpg


彼は、次から次へと物珍しいものを見せてくれた。

「鶏を模した水差し。これも由緒正しきものらしいんだが、由来は忘れてしまった。この年になると、物を忘れてしまって困る」
「さわっていいですか」
「もちろん。そう簡単に壊れるものじゃないから」


IMG_4208.jpg


各所に精巧な彫り物が施されており、全体として完成されていた。
一つとして手の抜かれたところがない。

「土と青銅の文化だったんだろうね。縄でつづられた土瓶がこれで、あとは、そうそう、これを見せなきゃ始まらない」

そう言って彼は、奥の部屋に積まれた荷の中から、やけに古びてはいるがしっかりと手入れの行き届いた小物入れを持ってきて、私に見せてくれた。

「これを」


IMG_4213.jpg


「なんですか、これ」
「練り琥珀、と言ってね。既に製法の失われた、幻の装飾品と言われている」

彼は、手前の黒っぽい珠を手に取り、蛍光灯の光にかざした。


IMG_4214.jpg


とても深い、血のような赤が映る。

「美しいだろう。古代の王族は、そんな宝石を身にまとっていたんだ」

私はその美しさに息をのんだ。
洞窟の炎のように妖しくゆらめくその赤に、目を奪われた。


「作りもののプラスチックと練り琥珀を見分ける方法の一つに、火で焙る、というのがある」

シャッ、と音を立てて胸ポケットから取り出したライターを点ける。そして、その赤い琥珀を目の前で焙り始めた。

「ほら、全く動じないだろう。これを買った時もこうやって焙って確かめたんだ」
「……なんか、すごいですね」

熱くなったその琥珀を灰皿の上で冷ますと、今度は別のものを手に乗せてくれた。


IMG_4211.jpg


「これを熱して練り固める、ということまではわかっているのだが、自然物だろう。不純物が混じっている。どうやってその夾雑物を取り除くかまではハッキリとは分かっていないんだ」
「美しいのは昔のものだけ、というわけですね」
「そうだな、ははっ。面白いことをいうじゃないか」


彼はそう一言褒めると、私に先ほどの赤い珠を手渡してくれた。


「お土産その二だ。持っていってくれ」
「えっ、いいんですか。これ、貴重なものなんじゃ……」
「構わない。私は70を越した。もう長くはない。その珠の価値と、裏に流れている物語を知っている人に、預かってもらいたいんだ」
「……」


IMG_4212.jpg


私は、見た目よりもずっと重たくなってしまったその珠を、手の平に握り込んだ。



つづく。



ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。