車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

チャーハンを素手で食べよう

       r、_Lヽ___
      /       \
     /          \
    |  __    l___    l
.    |   /^-⌒ヽ、r-、/-|
    |   ヽ         |
   / ̄ヽ /  ___ヽ  r .|
  ヽ -v | l         ̄|j
   ヽ--、、ヽ    / ̄ヽ_)
       ̄ー- __/.三l  ミl
        | ⊥イ _三l   ミl
        |_ ヘ/ lヽー ァ'
        /     l  ̄
       |     /
       ヽ     、
        |  |ヽ )
        /_|/___(_
       ゝ  ヽ ___っ二l
       '┴┴┴'

 手で食べる文化がある。

 自分も実際に接してみるまでは「それは文化なのか?」と疑問だったが、なるほどこれは文化だ。そう実感させられた。

 インドネシアの山奥の民宿に泊まった時、その家族と夕飯を共にしたことがあった。なかなか苦労した。そこのおやっさんは三ヶ国語喋れるが、英語はつたなかった。私の英語はそれよりずっとつたなかった。ボウルにどっかと盛られたチャーハンを、オリエンタル美人の奥さんが小分けにしてくれて、食べ始める。もちろん手づかみだ。

 わーお異文化交流とか思い、私も箸を投げ捨て手で食べ始めたのだが、おやっさんはしばらくして眉根を寄せ、しばらく迷った後、こう言った。
「食べ方が汚い」

 手で食べるのに汚いも何もあるのかと最初は思ったが、よくよくみるとみなさんすごくきれいに召し上がってらっしゃる。五歳の子供もだ。
 手で食べることにもマナーや礼儀があるのだという。
 詳しく聞くと、

①まず親指以外の四本の指を使い、皿の上でご飯を三回固める。
②固めた小さいおにぎりを四本指の上に乗せる。
③食べると同時に親指でおにぎりを口に押し込む。
④手を舐めない。それでいてご飯粒を手に残さない。

 と、こうらしい。なんと器用な。
 これはひょっとしたら、箸を使って食べるよりも修練が必要かもしれない。

 手で食べることは野蛮の象徴などではなく、れっきとした文化だ。
 口や手をよだれとごはん粒でべたべたにしながらそう感じた。ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。