車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

2015年02月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ついにデビュー作発売! というわけで魔導書作ってみた

長い道のりでした。
北海道に行ったり駐車場に暮らしたりして師の教えを受け継ぎ、そこらへんの浜辺で潮風に気を付けながら書き、夏は山に登ってまた書き。
つらさキツさよりも面白さのほうがずっと上回ってたのは内緒にして。

とうとうデビューです!

一番最初に書き始めたファイルが2012年6月に保存されているので、大体2年9ヶ月かかったことになりますね。
デビュー決定が実は去年の3月なので、1年9ヶ月で五里霧中状態を脱したことに。

早いか遅いかは他の人の意見を聞かないと何とも言えませんが、実用に耐える(自分がケイトライフを続けるための資金源として利活用できる)という点では合格点。
それに、職人の世界全般からしてみればとても早い方なのだと思います。
スタートラインに立つまで10年以上かかるところもザラですしね。鍛冶とか写真とか。



というわけで、自分がデビュー作を出版したら絶対にしたかったことをやってみました。


魔 導 書 錬 成 !


この本には焼き肉さんというクトゥルフめいたとても美味しいやつが登場します。
非常食さんというハチめいたとてもかわいらしい娘たちも登場します。

というわけで、焼き肉さんの燻製肉と非常食さんのハニカムで魔導書を作ります。


DSC_0340.jpg

まずは燻製肉作りから。
段ボールをいい感じに加工しまして、
業務用ホチキスで段ボールと麻縄と肉を留めていきます。
Tさん家はアパートなので、煙が他の部屋に飛んでいかないように慎重に。


DSC_0341.jpg

↑庭でスモーク中。脂も落ちて、いい色合いになってきました。
めちゃくちゃおなかのすく香りです。


DSC_0374.jpg

7日7晩乾燥させたあと、業務用ドライヤーで肉をあたため、上からぎゅっ!と平べったく伸ばします。
この時、余分な脂もキッチンペーパーで吸い取りまして。


DSC_0376.jpg

定規とカッターでサクサク切っていきます。温めると切りやすくなります。


DSC_0385.jpg

角を金具で補強します。


DSC_0387.jpg

これだけでぐっと重厚感!百均の箱なのにね!


DSC_0372.jpg

さあ見本誌を開封しますよ!
合計10冊届きました。


DSC_0399.jpg

大まかな形を決めて、ざっくり切りました。
大きな塊を惜しみなく使った配置ですね。

DSC_0403.jpg

側面の肉を釘で打ち付けていきます。
「打ち付けた後にまだ生きていた肉から目が再生した」という設定です。
魔導書くさくなってまいりました。


DSC_0408.jpg

目は二ヶ所あり、こちらは若干悲しげです。
何かあったんでしょうか。
生皮剥がされて本の表紙にでもされたんでしょうか。かわいそうに。


DSC_0402.jpg

釘が飛び出ているのでラジオペンチで折り曲げて、上から石粉粘土を被せます。


DSC_0410.jpg

鉛筆でハチの巣構造を作っていきます。
一本でやると形が崩れるので、三~四本同時に刺します。


DSC_0411.jpg

うん、いい感じです。


DSC_0418.jpg

これを段ボールに入れて豆炭あんかと添い寝させ、一晩乾かします。


DSC_0421.jpg

そのあいだ、ちまちまと蜜ロウを削ります。
この蜜ロウは養蜂家の友人から貰いました。
「新商品作ったぞおらー」と言って、彼の採ったハチミツで作ったミードを押し付けると、優しい彼はお礼にこの塊をくれました。
多分彼は迷惑していたんでしょうけれどもいい思い出です。

今日、ようやく一年越しの約束を果たせます。


DSC_0422.jpg

表面を温めて急速乾燥させ、蜜ロウの流れるミクロの隙間を作ってやります。
そこに削りかすをぺとぺとくっつけてやると、さながらアルマイト加工のように吸着していきました。
温風で全体に広げます。


DSC_0427.jpg

「中にまだ入っている感」を出すために、いくつかの六角形は蜜で塞いでやります。



DSC_0428.jpg

しばらく置いておくと、白っぽかったロウが徐々に黄色味を帯びてきます。
かなり不思議な現象ですが、おそらく結晶化温度が分子の炭素数によって異なるためにこういったことが起きるのでしょう。
ハチはこれを自身の温度で噛んで貼り付けるらしいので、分子量の大きいロウが骨材に、小さいロウが接着剤の役割を果たすのだと推測します。


しかし、とてもいい香り……!
ロウを溶かすために温風を当てると、ついでに肉もおいしそうな香りを放って、もう部屋中燻製肉の香りでいっぱい。
作業は午前四時に食い込み、おなかのすき具合が限界。
でもこらえて作業。


中に本を入れて……


B-3lQqLUAAA_PzH.jpg

魔導書:異自然世界の非常食(フェアリアフィリア)

完成です!!


三年近い努力の結晶が、ここに今、実りました!
朝の五時! 感無量です!

釘と粘土と目玉以外は食べられる材料しか使っていないので、非常時にも安心。
何かあったら釘抜いて即食べられます。

というわけで肉の切れ端を試食。


……うまあああいっ!






DSC_0429.jpg

ついでにつけまつげ。


DSC_0430.jpg

おっしゃれー!



追記:
秋葉原にある書泉ブックタワーさんが完成品を飾ってくれました!
8Fライトノベルコーナーにて展示中です。
実物を見て嗅ぎたいかたはぜひ!


他にもこんな記事が読まれていまっせ

「ケイトライフって何?」
http://garassan.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

「傷口をアロンアルファで止血してみた」
http://garassan.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

「この作者はもしかして狂人? →ほぼYES」
http://garassan.blog.fc2.com/blog-entry-4.html



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

見本誌できた!!!


見本誌、つまり本の形になったやつが届きました!










もう筆力も大分上がりましたしね。
編集者さんにも大分迷惑かけて、書き直したり書き下ろしたり校正したり矛盾を直したり、みんなで納得のいくまで仕上げた一品が届きました!

うっひょい!
テンションあがってキタ━━━━━y=-(゚∀゚)・∵.━━━━━ン!!!!

充実感半端ないっすね。
いやでもこれスタートラインなんですよね。
皆さんのおかげでようやくスタートラインに立たせてもらったんですよね。
いやーなんか泣けてきた。


おおamazonさんにも予約入ってるやないですか。

異自然世界の非常食 1異自然世界の非常食 1
(2015/02/28)
青井 硝子

商品詳細を見る




というわけで自信作です。
なろう版はバッドエンドでしたが、書籍になってトゥルールートに入ります。
さてどこらへんで分岐したのか、どうかご自身の目でお確かめください。




それじゃあ今日の分の執筆に戻るとしますか。
去年今年 貫く棒の 如くなり ってやつだな。うん。
今日は筆がノるだろうなぁ~


ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。