車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

カテゴリー "自炊ご飯" の記事

海の幸をほおばる。

DSC_0168.jpg

とりあえず採れた。
すげぇ。フジツボってこうなってたんだな。
大きなものは3~400円で市場に並んでるのみたことがあるけど、直接食べるのは初めてだ。

あとはツブ貝。
地方によってどの貝をツブ貝と呼ぶかはけっこうばらつきがある。
青森市のほうだとでっかい握り拳くらいあるカタツムリみたいなやつをツブっていうけど、大間だと(同じ青森県でも)こういう親指大くらいの大きさの貝を十把ひとからげにしてツブという。

ようは食える貝は全部ツブだ。
多分そういう認識で間違いない。


DSC_0169.jpg

だしが取れるかなーと思って煮干しと一緒に煮込む。
もちろんパスタも一緒に。

圧力鍋で調理するから時短になるし、なによりパスタがもっちもちの食感になる。
オートクレーブの役割も果たすから変な菌に冒されなくてすむってのもでかい。


DSC_0170.jpg

接写。
いきなり真水に放り込んだからびっくりしているのか、ピッタリ殻を閉じて出てこない。
エビと同じ系統って聞いたことあるけど、傍目からはそんな印象は一切受けない。



DSC_0171.jpg


いただきます。

ずるる。


……味噌汁が海鮮汁になった!
おいしい!

新鮮な驚きを得た。こういうのがあるからこの生活はステキ。
日常の一つ一つが輝きを持って見える。
今まで素通りしていたもの一つ一つが「これどうやったら利用できるかな・・・・・」とかそういう思考になる。
そうすると、全ては恵みに思えてくる。
ありがたみを感じる。


……っつってもまあ、今は書き著したいものが豊富にあるのでそっちに時間割いてられないんだけどね。
食糧も基本パスタだし。出来合いソースだし。
でも、二年もこうやってるのにこうして新鮮な驚きが供給され続ける、というのは、物書きにとって素晴らしいことなのかもしれない。

そう思った。


ブログランキング・にほんブログ村へ

浮浪者のおっちゃんから差し入れ貰った

IMG_4323.jpg

浮浪者仲間から差し入れをもらった。
お近づきの印的なやつだろうか。
先日大宴会をしてから、ちょくちょくこういうイベントが起こるようになった。
ありがたいことだ。

浮浪者といってもこの差し入れしてくれた人はしっかりした人だ。
家も妻子もあり、おそらく長期休暇か老後生活かで弁天島に来て、長期外泊している人。
いつも釣りのベストを着ている。

写真では分かりづらいが、ビール、魚、かきあげのほかに、スイカとカニをもらった。
ものすごい贅沢だ。ありがたい。ありがたい。

ここ弁天島では海産がとても簡単に手に入るとのこと。
川が海水混じりの汽水だから、魚や貝が大量にいて、漁も盛んだしスーパーも海産コーナーが豊富で安い。
頭がよくなりそうな話だ。

とりあえず早速いただくことにする。



ビールかしゅっ
コンロ、カチリボッ
かきあげじゅわわわぁ~
お魚さんじゅんじゅわぁ~

いただきまーす。


IMG_4324.jpg


ごちそうさま~。

お、美味しかった……!
本気だなこれもう。本気で美味しい。

カニが余ったけど、これは昼用に残しておこう。
どうやって食べようかな。



そうそう。全く関係ないけど、この公園での体の洗い方。

水飲み場の蛇口を指で塞いでぷしゅーっと飛ばし、体に当てる。
それだけ。
夜中十時くらいに真っ暗やみの中、すっぽんぽんになってこれをすると超気持ちいい。
その時間だと誰も通らないし、ソテツや木々がいい感じにこう三方を囲っているので回りからは見えない。

温泉も二キロ先にあるけど、そう頻繁に行くものでもなし。
最近はもっぱらこうして体の汚れを落としている。


カニ、どうやって食べようかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ