車上生活で本を書く 青井硝子のケイトライフ

軽トラック上に家をDIYして車上生活する方法や、住所不定のままお金を稼ぐ方法、小説家になる方法などを記録していきます。普段は川原でBライフ的田舎暮らしをしたり、都会の駐車場にモバイルハウスで生活してます。ノマド生活や肩肘張らない起業に興味ある方はぜひ。

カテゴリー "サバイバル" の記事

瞬間接着剤で傷口はふさがるのか実験してみた②

瞬間接着剤で傷口はふさがるのか実験してみた①【閲覧注意】

から大分時間が経ってしまった。言い訳なし。すっかり忘れてしまっていたためだ。
とりあえず結果からお伝えしようと思う。


■一日目
風呂入ってタイピングして寝たが、特に異常は認められなかった。強く触ると痛い。

■二日目
端っこが付け爪のように割れた。傷の浅いところだったので既に治りかけている。

■三日目
ゆっくりと剥げかけてきている。風呂でふやけるのがいけないのだろうか。それとも汗か。剥げた箇所の傷口が乾燥してパックリ割れ始めた。いたい。

■四日目
全てペロリと剥げる。既に治りかけているが、ストッキングの伝線みたいにしてパックリ開くといけないのでもう一度同じ処置を施す。

■五日目
しっかりと止まっている。痛みはもうない。押すと若干のしびれ。

■六日目
特になし。剥げかかる。

■一週間経過
もういいやと思って全部剥がした。化膿もなく、臭みもなく、心情としては既に治った感がある。

■一ヶ月経過
周辺の皮ごと脱皮し、切り傷はあとかたもなく消えた。光にかざすとうっすら線が付いているかな? 程度。


結論:切り傷には瞬間接着剤が効いた!




考察:あまり傷が化膿しない性質のため、人によっては違いが出るかもしれない。それとグリセリン入りのティッシュも傷口にいい。

グリセリン入りのティッシュは、併用することで余計な接着剤が傷口に浸潤するのを防いでくれる。
さらに表面のみを固めてくれるのに役立つ。
のちのち剥ぐのに便利でもある。
なにより臭くならない。(C/N比を高くして腐敗を防いでくれている?)

しかし接着後は固すぎるため、付け爪のように割れる。
瞬間接着剤単用の場合と比較する必要があるが、これは次の機会の課題とする。


アイデア:耐衝撃の瞬間接着剤を使ってみてはどうか?

アルテコ 金属用アルテコ瞬間接着剤 20g / アルテコ731アルテコ 金属用アルテコ瞬間接着剤 20g / アルテコ731
()
アルテコ

商品詳細を見る



というわけで、レポート終了! これからも切り傷にはハードに使っていこう。
擦り傷についてはどうかも試してみたいところだ。


関連記事:
痔用のドーナツ、円座クッションの比較
座り仕事する人全員に必須。正しいクッションで痔が治った!

電気ストーブの電気代とマイナー暖房器具の比較
寒い冬を安く暖かく乗り切るために。服の内側を温める昔の知恵とは?

家賃を丸ごとカット節約する方法
このブログの趣旨です。家賃をカットすると毎日肉が喰える!


ブログランキング・にほんブログ村へ

瞬間接着剤で傷口はふさがるのか実験してみた①【閲覧注意】

※血、傷口の写真があります。苦手な方は心して読んでください。










アロンアルファは医療用に開発され、軍事利用されているという話だ。
リンク■NAVERまとめ:切り傷にはアロンアルファがいいらしい

しかし真偽のほどは定かじゃない。


今書いている小説
リンク■異自然世界の非常食(フェアリアフィリア)

で小ネタとして使う予定なのだけれども、本当に効くのかどうか。


実験してみた。



IMG_4902.jpg

朝、寝ぼけた頭でソーラーパネルの配線をしていたら、コードを剥く時に誤って指を切ってしまったのだ。

折しもカッターの刃を高級替刃にかえたばかり。
更に悪いことに、寝ぼけて全力でカッターに力を込めてしまっていた。

とりあえず手近にあったティッシュとビニールテープで止血を試み、この写真は6時間後くらいの状態。


IMG_4903.jpg

問題のカッターと、救世主候補のアロンアルファ(プラスチック用)。
ゲルタイプもあったけど、とりあえずはこれで。


IMG_4904.jpg

血でティッシュが貼りついてしまっていて、側面をカッターで切って丁寧に剥く。
今日は剥く日だ。

IMG_4905.jpg

そ~っと。

IMG_4906.jpg

取れた。幸い、使用したティッシュがグリセリン含有のしっとり系ティッシュだったため、比較的すんなり取ることができた。
グリセリンのおかげでC/N比も高く、体に害を及ぼす菌の繁殖も抑えられた感がある。
血を吸ったティッシュの匂いでわかる。臭くない。

包帯でも何でも、三日貼ったバンソーコのような臭いがしたら腐っているので取り替えよう。


IMG_4907.jpg

傷口の長さは約2cm、深さは約7mm。
切った時の感触と刃の侵入角度を考えると、おそらく骨まで達している。

なおもともと米粒のように欠けているように見えるのは、高校の時に両親の結婚祝いの品である中華包丁がサビサビだったため、もったいないと思って錆を落として焼き直して丁寧に砥いで仕上砥まで施して、顔まで映るようになったあと切れ味を試したくなって近くの林檎を左手で持って

すぱあん!

した時に指まで切って病院運ばれて、執刀してもらったインターンの学生に焼き鏝でジュウジュウ焼かれた結果こうなったものだ。

今回同じところにまたケガをしたわけだ。
たしかジョジョのスティールボールランでキリストの遺体の涙の剣がそんな能力だったな。
おそらくこの指は呪われている。


IMG_4908.jpg

傷口に沁み込まないように塗ったあと、件のグリセリンティッシュを上から貼りつけて、さらに瞬着を滴下する。
消毒を忘れたのが微妙に心配だが、まあなんとかなるだろう。

ティッシュは強度を増す為と、悪玉菌抑制のために貼ってみた。



IMG_4909.jpg

ひらひらしている部分に水を付けて切り取る。
このあと20分乾かしただけで、無謀にも友人と温泉を一時間楽しんだのち、深夜0時までガストで仕事し続けた。


IMG_4910.jpg

そして翌朝。
温泉で限界までふやかした後、タイピングで指を酷使してみたが、特に痛いということもなく。
血が流れるわけでもなく。

瞬着は素晴らしい! アロンアルファは素晴らしい!!
非常袋の中に縫い針ではなく瞬間接着剤を一個入れておこう。


IMG_4911.jpg

ただ、さっき衝撃で端っこが割れてしまった。
あまりに通常時と同じで、つい付けているのを忘れていたのだ。
付け爪のようにパッキリいっている。

まあちょびっと痛かったけど別になんてことなかった。
依然、傷口を止め続けている。


傷口が治るまでレポートを続けていこう。



続き■瞬間接着剤で傷口はふさがるのか実験してみた②



ブログランキング・にほんブログ村へ